テレビ番組を観て、又もや思った業者

先日、昭和の名曲を取り上げた歌企画を観ました。

最も行動もなく、ふとつけたテレビジョンを漠然と眺めていたら、「山口百恵特集」が始まり、自分は一気に下部に。
「百恵ちゃん」は自分にとっては特別な有。いわずといった知れた昭和のスーパースターは、いわば同年代。森昌子・桜田淳子と並んで「花の○○トリオ」というおんなじ世の中を生きてきたのです。恋人たちと共に年頃を重ねてきたグッズとしては、本来握りこぶしの届かない俳優でありながら、勝手に身近な有としてキモチさせてもらえる不思議な有でした。なかでも自分が心惹かれたのは、山口百恵。リリース当初は、若いながらも演歌歌手として抜群の歌唱力を誇る森昌子、ギンギンした俳優インスピレーション満載の桜田淳子に比べると、ある程度影響に欠ける上り位置だったように思います。それがすぐれたMusicに巡り合ってからはどしどしあか抜けてきて・・・。
目下、歌企画で他の歌手が百恵ちゃんの曲をカバーしているのを聴いてガッカリできるのは私だけでしょうか?
思い切り上手な歌い手の歌唱も、満足させられることはひとたび有りません。当時はサラッって歌っているように見えたので気付きませんでしたが、本当は恋人は素晴らしい歌唱能力のオーナーだったのだと痛感させられました。曲も歌唱始める形も、全てが美しくて、「山口百恵」なのです。
百恵ちゃんが素晴らしいのは、その体つき自体もだ。
頂点名人という立場を惜しみなく投げ捨て、自分が信じ、かわいがりた自分との針路を選んだことです。やはり、オーディション企画から飛躍上がって得た歌手という取引、またそれを応援してくれる皆さんをおもう気持ちは強かったことでしょう。ただし、ほんの僅かな人だけが手に入れられる名人の立場など、自分が一段と大切にしたい賜物の傍では、どうということのない場合だったのかも知れません。三浦友和という父親といった人生を互いに講じる針路を選び、休息、結婚と、何一つブレずに決めた針路をあゆむ。百恵ちゃんが休息・結婚したのは21年。
当時生徒で先も決められず、少し浮ついた想いだった自分には衝撃的なことでした。同い年の恋人が芸能界で唯一無二の有として、その身許をすっぱり捨てて、愛する自分との目新しいライフスタイルを選ぶ・・・。そうしてスーパースターを受け止めた友和さんも、全然立派だと思いました。
結婚のち、そうして女になってからも随時書籍になる有であり積み重ねる百恵ちゃん。自分にとっては「百恵さん」ではなく、いつまでも「百恵ちゃん」であり、憧れであると一気に「身近な同級生」なのです。ここのサイトが役に立ちました